発達心理学講座

人間らしく発達するのに必要なもの

人間らしく発達するのに必要なもの

ヒトがヒトらしく発達するのに必要なものは、
ヒトが生まれながらに持っている遺伝(素質)の力と、
乳幼児を育てる周囲の働きかけの力であるといわれています。

 

乳幼児を育てる周囲の働きかけの力とは、
環境の力であったり、学習の力のことですが、
もし、ヒトがヒトに育てられず、
そのような働きかけがなかった場合、
子どもはどのような発達をするのか・・・というのは、
「アヴェロンの野生児」や「オオカミ少女」の観察からヒントを得る事ができます。

アヴェロンの野生児

19世紀のはじめ、南フランスのアヴェロン川流域の森で、
推定年齢12歳の少年が保護されました。

 

木から木へと飛び移るので、猿ではないかと思われていましたが、なんとヒトでした。

 

この少年は、イタールという医師によって、
ヴィクトルと名づけられ、6年にわたって教育を受けましたが、
話し言葉の習得は不可能でした。

 

なぜ森にいたのか、もともと知的障害児だったのではないかという意見もあり、
詳細については分かっていません。

オオカミ少

0世紀のはじめ、インドのカルカッタ付近で
オオカミの穴に出入りしていた2人の子どもが保護されました。

 

二人とも女の子で、一人は推定2歳(アマラ)と、
もう一人は推定8歳(カマラ)と名づけられました。

 

アマラは一年後に亡くなりましたが、
カマラは9年間生存しました。

 

カマラにたいしては、シングという牧師が教育を続けました。
ゆっくりではありましたが、カマラは人間らしさを取り戻す事に成功したそうです。

 

ただし、言語の習得は困難でした。

 

 

この「アヴェロンの野生児」や「オオカミ少女」から分かるのは、
言語の習得を含む子どものスムーズな発達は、
生まれたときからの人間的コミュニケーションなしでは不可能ということです。


ホーム RSS購読 サイトマップ